子ども達の成長を見届けたい。

武中小百合
主任

私は子どもが大好き!と言う思いで幼稚園で働いていました。

年を重ねるごとに、新人の指導が主な仕事になりました。
指導も大事だが子どもと関わりたい!という思いが強くなり、
又小学校の支援担を少ししていた経験を生かせる所はないかと捜しにいた所、
HARUに出会いました。私の思いを伝えると「子どもと沢山関わって下さい」
という言葉を頂きここで働かせてもらいたいと思いました。

HARUで働かせて頂き、1人1人特性が違い、得意不得意も違い、
その日のモチベーションも違う子ども達にどのように関わり支援を
していけば良いのか日々悩み、考えながら過ごしています。

日々子ども達と過ごす中で、出来なかった事が出来るようになったときは
一緒に喜んだり、悲しんだり悩んでいるときはここまでに寄り添い、
笑う時楽しい時は大はしゃぎをして思いっ切り笑い、叱る時には
思いっ切り愛情を込めて叱るように心掛けています。

1日として同じ日はなく、子ども達から毎日感動、喜び、発見を味わせてもらい、
子どもの成長を間近で感じられ、退屈!なんて言葉がない楽しい毎日を過ごせる仕事です。
子ども達が社会に出た時のことを視野に入れ、1人1人の支援を職員みんなで話し合い、
みんなで助けあって支援しています。

何より私が嬉しいのは!子ども達からの「楽しかった」の言葉や親御さんから
「安心して預けられます」「ありがとうございます」の言葉を聞けたときです。

この言葉を聞けるよう、子どもと関わることが私にとってのやりがいです。